カーリングの混合ダブルス世界選手権は25日、ノルウェーのスタバンゲルで行われ、1次リーグA組でロコ・ソラーレの藤沢とSC軽井沢クの山口が組む日本はカナダを9―7で破って6勝1敗とし、16チームで争う決勝トーナメントに進んだ。(共同)

関連記事