再オープンした原爆資料館本館の展示を見る地元の小学生ら=25日午前、広島市

 老朽化に伴う耐震補強工事と展示物のリニューアルのため2017年4月から休館していた広島市の原爆資料館本館が25日、再オープンした。テーマに掲げる「被爆の実相」をよりリアルに感じてもらおうと、被爆者の人生に焦点を当てて展示方法を一新した。

 再開を記念して開かれた式典であいさつした広島市の松井一実市長は「被爆の実相を伝える拠点となる。被爆者や家族の苦しみ悲しみを国内外の多くの人に理解していただきたい」と述べた。

 同館によると、本館の常設展示で公開する資料は538点。休館前は112点だった写真資料は173点に増やした。

関連記事