2020年8月と10月が設置期限の関西電力高浜原発3,4号機=福井県高浜町

 関西電力は4月24日、原子力規制委員会でテロ対策施設の完成期限延長を認めないとの決定を受け、「特定重大事故等対処施設については、発電用原子炉施設のさらなる安全向上のために必須のものと認識し、早期完成に向けて引き続き最大限の努力を継続する」とのコメントを出した。

 関電など電力3社は17日に、テロ対策施設の完成が期限を1~3年ほど遅れる見通しを示し、期限の延長を求めていた。

 また、事業者の個別の事情を確認するとした規制委に対し、丁寧に説明していくとした上で、「大規模自然災害やテロも含めた重大事故が起きた場合の対策は、本体施設に必要な機能を全て備えており、プラントの運転を継続するための安全は確保されている」と強調した。

関連記事