福井-石川 6連敗を喫し、悔しそうにベンチに引き上げる福井ナイン=石川県金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4月24日、石川県金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、1―7で敗れ、2014年以来となる6連敗を喫した。今季1勝8敗で西地区最下位。次戦は26日、福井県坂井市の三国運動公園野球場でオセアン滋賀ユナイテッドBCと対戦する。

福井
000 000 010…1
070 000 00x…7
石川

 【評】福井は二回の7失点が最後まで響いた。打線も4併殺を喫するなど、拙攻の連続だった。

 福井の先発仲里翔貴は二回、四球の先頭打者を犠打で送られ、4連続長短打を浴び5失点。2死後、さらに4連打で2点を奪われ途中降板した。継投した楊鑄真、塚田貴之、望月嶺は無失点に抑えた。

 打線は八回2死から四球、ボーク、工藤祐二朗藤の右前適時打で1点を返したが、五回の1死満塁機をつぶすなど計4併殺を喫し、流れをつかみ切れなかった。

関連記事