村上めぐみ

 ビーチバレーボールの国際大会「AVCアジアツアーカントーオープン」は4月19~22日、ベトナムのカントーで行われ、女子は村上めぐみ・石井美樹組(オーイング・湘南ベルマーレ)が初優勝した。日本勢のアジアツアー制覇は2015年以来、4年ぶり。

 大会には21組が出場。村上組はプール戦を2戦全勝で突破した。決勝トーナメント1回戦はマレーシアのペアに2―0で勝ち、準々決勝は西堀健実・草野歩組(トヨタ自動車・パソナ)に2―1で勝利。準決勝はニュージーランドのペアに2―0と快勝した。

 タイのペアと争った決勝は接戦となった。第1セットはジュースの末に22―20で先取。第2セットも終盤まで競り合いが続いたが、29―27で振り切った。

 村上・石井ペアは前回のサラミオープン(13~16日)で、アジアツアー初の準優勝を手にしたばかり。村上は「調子が上がらなかったが、2人で最後まで協力して戦えた」とコメントした。

関連記事