工事が進む北陸新幹線。芦原温泉駅を過ぎ竹田川の橋脚が並ぶ=福井県あわら市

 4年後、2023年春の敦賀延伸開業を目指して北陸新幹線の福井県内工事が進んでいる。特に福井平野は高架の橋脚や大小河川の橋、駅の基礎、トンネル入り口などルートがはっきりわかるようになった。石川県境付近から福井駅まで新幹線ルートの上空をドローンで動画撮影した。

 撮影は福井市に本社のある日本空撮が許可を得て4月に行った。石川県金沢市から福井県敦賀市へ向かう途中、福井県で最初の本格的なトンネルとなるあわら市の柿原トンネル上空で撮影をスタート、福井駅に向かった。

 工事で土砂崩落のあった柿原グラウンドを過ぎ、トンネルを出るとすぐに芦原温泉駅だ。駅手前には高い高架の橋脚が並ぶ。芦原温泉駅東側に併設される新幹線駅はまだ地盤整備が進んでいる段階で駅舎着工はもう少し後のようだ。

 芦原温泉駅から福井駅まで新幹線での距離は約18キロ。駅南の竹田川を渡る橋の工事はかなり進んでいる。竹田川を渡り直線で福井に向かう北陸線と離れて新幹線は東側へ緩いカーブを描いて進む。坂井市内の2車線道路と交差し大きな工場や「まるおかスポーツランド」のすぐ横を走っていく。

 福井市に入るとすぐに九頭竜川が見えてくる。福井市の森田配水塔近くで川を渡る。新九頭竜橋だ。橋桁もかなりできあがっている。横に走る道路もできている。橋は今でも渡れそうだ。

 九頭竜川を越え大和田地区から市街地に入っていく。大きな家電店や卸売り市場が左右に見える。北陸線を渡る陸橋を上から交差するため、福井駅手前で新幹線はかなりの高さを走る。

 福井駅付近では線路も既に完成していて新幹線、北陸線、えちぜん鉄道の3つの線路が並行して通る。

 福井駅を過ぎると福井市街地はまだ工事が進んでいないこともわかる。ようやく足羽川を渡る橋の工事にとりかかったばかりだ。

関連記事