NY原油相場の推移

 【ニューヨーク、ロンドン共同】トランプ米政権がイラン産原油の全面禁輸を発表したことを受け、連休明け22日のニューヨーク原油先物相場は急伸した。指標の米国産標準油種(WTI)5月渡しの終値は連休前の18日に比べ1・70ドル高の1バレル=65・70ドル。昨年10月30日以来、約半年ぶりの高値水準となった。

 23日午前の東京商品取引所でも中東産原油の先物指標価格が年初来高値圏で推移。10連休中のガソリン小売価格にも影響を与えそうだ。

 トランプ政権は22日、イラン原油の禁輸から日本など8カ国・地域を除外した猶予措置の撤廃を決め、供給不安が広がった。

関連記事