南海トラフ巨大地震に備えて住民の事前避難を求めた対策指針を巡り、内閣府は22日、気象庁で関東地区の自治体向け説明会を開いた。事前避難所の開設費用の大半は国が負担する方向で検討していることを明らかにした上で、積極的な取り組みを呼び掛けた。

 先月29日公表の指針では、南海トラフ震源域の東西どちらかで大規模な地震が発生する「半割れケース」の際、後発地震の被害を防ぐため、被害が及んでいない残り半分側の沿岸部を中心に1週間程度の事前避難を盛り込んだ。しかし自治体からは、避難所開設費の負担に懸念が出ていた。

関連記事