大村秀章愛知県知事(中央)を表敬訪問した、東邦高の森田泰弘監督(左端)、石川昂弥主将(右から2人目)ら=22日午前、名古屋市

 平成時代の最初と最後の選抜高校野球大会で頂点に立った東邦高(名古屋市名東区)の森田泰弘監督や石川昂弥主将らが22日、愛知県の大村秀章知事を表敬訪問し、優勝を報告した。

 石川主将は「皆さんの応援が伝わっていいプレーができた」と感謝の言葉を述べ、森田監督は「令和最初となる次の大会で、春、夏の連覇に向けてより一層頑張りたい」と新たな目標を語った。大村知事は「記録ずくめの優勝だった」とたたえた。

 石川主将らはその後、決勝戦を甲子園で観戦した河村たかし名古屋市長も表敬。河村市長は「どえらいおめでとう。名古屋の人は皆、喜んでいる。素晴らしい」と褒めちぎった。

関連記事