東京都文京区本郷3丁目の飲食店で20日、ベビーカーが燃え、乗っていた3歳の女児が顔や腕にやけどを負い、21日に死亡したことが警視庁本富士署への取材で分かった。女児には障害があり、ベビーカーに酸素ボンベが取り付けられていた。同署は当時の状況を確認し、出火原因や死因を調べている。

 本富士署によると、女児は東京都荒川区、若生樹織ちゃん(3)。両親と共に飲食店で開かれた料理教室を訪れていた。ベビーカーは調理場から離れた場所にあり、火の気はなかったという。

 20日午後3時20分ごろに出火し、樹織ちゃんは21日午前、搬送先の病院で死亡した。

関連記事