市営バス(左奥)が横断歩道を渡っていた歩行者をはねた現場=21日午後、神戸市

 市営バスが歩行者を多数はね、騒然とする神戸市のJR三ノ宮駅付近=21日午後

 大勢が行き交う日曜午後の繁華街で歩行者が次々にはねられ、悲鳴が響いた。神戸市中央区のJR三ノ宮駅近くで21日、神戸市営バスが横断歩道に突っ込み8人が死傷した事故。「自分が巻き込まれていたかも」。周囲は騒然とし、居合わせた人は恐怖に震えた。

 横断歩道を渡っていた神戸市東灘区の専門学校生(20)は、すぐ手前の停留所を出たバスが、赤信号にもかかわらずのろのろと迫ってくるのを見た。「危ない」と思ってとっさによけたが、すぐ前方の若い女性がはねられて動かなくなった。降りてきた運転手は慌てた様子で電話していたという。

 「こんな事故が起きるなんて」と声を震わせた。

関連記事