春季高校野球福井県大会1回戦・北陸―丹南 北陸打線を完封した丹南のエース河合悟志=4月21日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月21日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、丹南が3―0で北陸を破り2回戦へ進出した。丹南は春季福井県大会6年ぶりの勝利。

丹南
000 003 000…3
000 000 000…0
北陸

■丹南 河合悟志―中嶋秀人
■北陸 山田蒼、駒井将生―杉本来稀

⇒福井県大会トーナメント表

 丹南は六回、後藤世夢が右前打で出塁すると、山崎綾也の投ゴロが相手守備の乱れを誘い無死一、二塁の好機をつくった。4番の梅田凌が2球目を強振、右中間適時二塁打で先制した。続く瀧見竜申の左前適時打、中嶋秀人の遊ゴロでこの回3点を挙げた。

 先発のエース右腕河合悟志が完封。五回に2死一、三塁とされたが得点を許さず、その後も落ち着いたピッチングを見せた。

 北陸は先発山田蒼が5回無失点と試合をつくったが、打線が投手陣を援護できなかった。

関連記事