栃木―福井 3回1死満塁のピンチでマウンドに集まるエレファンツナイン=栃木県の佐野市運動公園野球場

 ルートインBCリーグ西地区の福井ミラクルエレファンツは4月20日、栃木県の佐野市運動公園野球場で東地区の栃木ゴールデンブレーブスと戦い、0―3で敗れ3連敗となった。1勝5敗で、4位信濃グランセローズとゲーム差1・5の西地区最下位。次戦は21日、埼玉県のヒートベアーズ北本スタジアムで埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。

福井
000 000 000…0
002 010 00x…3
栃木

 福井は打線が振るわず完封負け。元中日の若松駿太を前に散発4安打に沈み、三塁すら踏めなかった。

 先発三染真利は三回1死から連打で先制を許すと、三塁上下大地の失策も絡み、この回計2失点。さらに五回に犠飛で1点を失った。計3失点したが六回途中まで投げ、先発の役目は果たした。後を継いだ塚田貴之、原田宥希は無失点で抑え、打線の反撃を待った。

 しかし、好投手相手に打線が沈黙。一回に澤端侑の右前打、三回は坂本竜三郎の左前打、七回には大松尚逸の右前打でいずれも無死一塁としたが、後続が続かない。好機で連続三振に倒れるなど、12三振を喫した。

関連記事