武生東を完封し1回戦を突破した福井高専の選手たち=4月20日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 春季高校野球福井県大会の1回戦は4月20日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は、福井高専が5-0で武生東を破り、2回戦へ進出した。福井高専は先発の高山唯斗が完封を果たした。

福井高専
000 101 300…5
000 000 000…0
武生東

■福井高専 高山唯斗―阪口雅治
■武生東 山田聖也、赤堀優威人、飯田誠吾―小林勇介

⇒福井県大会トーナメント表

 福井高専は四回、先頭の野村明生が右中間へ二塁打を放ち、続く坂口雅治がレフトオーバーの適時三塁打。4番打者のバットで1点を先制した。さらに1点を加え迎えた七回、敵失と内野安打で無死一、二塁とすると、伊豆倉拓真が左中間へ適時二塁打。二塁走者が生還し3-0とした。なお無死二、三塁で西野大誠がきっちりスクイズを決め1点追加。続く野村は三塁線へ抜ける適時二塁打を放ち5-0と武生東を突き放した。

 先発の高山はボールを低めに集めた丁寧なピッチングで凡打の山を築いた。七回に迎えた無死満塁のピンチも堂々としたマウンドさばきで無失点。9イニングを投げ抜き、得点を許さなかった。

 武生東の最大のチャンスは七回。先頭の森壮志が右前打で出塁し、続く代打・花園晴揮は右越え二塁打。加藤大貴が四球を選び、無死満塁とした。しかし、後続が打ち取られた。

⇒福井高専―武生東の熱戦写真はこちら

関連記事