春季高校野球福井県大会1回戦・武生商業―鯖江 7回無失点と安定感を見せた鯖江の土田昂樹=4月20日、福井県営球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月20日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井県営球場の第2試合は鯖江が武生商業に7-0で七回コールド勝ちし、2回戦に進出した。

武生商業
000 000 0…0
011 200 3×…7
鯖江

■武生商業 高佐悠真、宮谷心也―清水宰
■鯖江 土田昂樹―岡井潤也

⇒福井県大会トーナメント表

 鯖江は二回に先制すると、三回には山田将也が中越え三塁打で出て、酒井奎佑の犠飛で1点を加えた。四回には山田の適時打などで2点を追加。七回には土田昂樹、野崎優斗の連打を皮切りに攻め込み、山口翔大が1死二、三塁から左越え適時二塁打を放つなどして7点目を奪い、試合を決めた。

 先発した左腕土田が7回無失点と安定感を見せた。

 武生商業は三回に佐藤芳生の安打などで1死一、二塁と攻めたが得点ならず。六回には2死二、三塁の好機をつくったが、1点が遠かった。

⇒鯖江―武生商業の熱戦写真はこちら

関連記事