春季高校野球福井県大会1回戦・丹生―三国 完封を果たした丹生の玉村=4月20日、敦賀市総合運動公園野球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月20日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、丹生が三国を5-0で下し、2回戦に進出した。プロ注目の丹生先発の玉村昇悟が被安打1で完封を飾った。

三国
000 000 000…0
201 000 02×…5
丹生

■三国 阪尻直哉―南出怜樹
■丹生 玉村昇悟―倉谷勇人

⇒福井県大会トーナメント表

 丹生の玉村は立ち上がりから直球がさえた。初回は先頭打者から連続で三振を奪うと、二回は3人を三振に仕留め、圧巻の投球。三回から三国はバントヒットを狙ってきたが、堅守で突け入る隙を与えなかった。終盤も球威が衰えず、三振の山を築いた。

 攻撃陣は初回、先頭の川口駿介が右中間二塁打で出塁。続く来田達磨が右前にタイムリーを放ち先制した。さらに四球や敵失で2死一、三塁とチャンスを広げ、玉村の中前適時打で2-0とした。三回には1死二、三塁から田中大稀の犠飛で追加点。3-0とリードを広げた。

 三国は先発の阪尻直哉が好投した。立ち上がりを攻められ先制を許したが、徐々に立ち上がり七回まで3失点。八回に追加点を許したが、最後まで粘り強く投げた。打線は丹生の玉村に対応できなかった。八回には四球の走者を敵失などで三塁まで進めたが、あと1本が出なかった。

⇒三国―丹生の熱戦写真はこちら

関連記事