打撃練習するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が19日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムでのマリナーズ戦前に、昨年10月の右肘手術後初めて打撃練習を公開した。術後初となる同僚打者と組んでのフリー打撃で、33スイング中9本の柵越えを放ち「1人で打つよりも楽しかった」と率直に感想を述べた。

 5月中に見込まれる打者でのメジャー復帰には「どの程度投手の球に反応していけるかは分からないが、現段階ではあまり不安なくいける」と語った。来週にはリハビリの最終段階となる同僚投手相手の打撃練習に移行する。

関連記事