南越前町が北陸自動車道上り線南条サービスエリア(SA)北側に建設を予定する「地域振興施設」外観イメージ

 福井県南越前町は4月18日、北陸自動車道上り線南条サービスエリア(SA)北側に建設を予定する「地域振興施設」の詳細を公表した。黒を基調とし蔵をイメージしたモダンデザインの3階建てで、地元農産物直売所や今庄そばなどの飲食スペースほか、キッズルームや屋上イベント広場を設けた複合施設。南条SAと一般道の両方から歩いてアクセスでき、SAと直結した町の玄関口として誘客と地域振興の相乗効果を狙う。

 敷地面積は約9700平方メートルで、建物の延べ床面積は2870平方メートル。隣接する公園「ウォーターランド南条」につながるロングすべり台を設置、両施設を連携させた魅力集積を図った。同公園には新しくエアー遊具「ふわふわドーム」を設置するなどの改修も行い、周辺一帯をゾーン整備する。

 建物2階には飲食と物販エリア、観光案内所を設ける。3階に親子で遊べるキッズルームや、屋外のイベント広場と展望広場を設置する。1階は主に従業員向けのエリアとなる。

 工事は年内に着手し、2021年の秋頃に供用開始の予定。総事業費は12億円程度を想定する。年間の施設利用者は約150万人、直売所などの売り上げは計6億5千万円を見込んでいる。

 施設は、16年に国土交通省のモデル事業に採択された。北陸では初めて。17年に協議会を立ち上げ、基本計画に着手した。2019年3月20日に基本計画書が策定された。

関連記事