ストレッチ 片足ずつねじって腰回りの筋肉を柔らかく

 春が到来し、地域の運動会などスポーツシーズンも本格化する。運動不足の人が急に体を動かすと肉離れや腰痛といったけがをしやすい。福井県内のスポーツドクターやアスレチックトレーナーは「筋肉が硬いとけがのリスクが高まる」と指摘し、少なくとも数週間前からストレッチや柔軟体操をして臨むよう勧めている。

 日本スポーツ協会のスポーツドクター資格を持つ福井総合病院の勝尾信一院長(整形外科)は「加齢や運動不足によって全身の筋肉が硬いまま運動をすると、肉離れや腰痛を引き起こす危険がある」と説明。徒競走やリレーで太ももやふくらはぎの肉離れ(筋肉の挫傷)、綱引きで腰痛を引き起こす人は少なくないという。腰痛と一口にいっても▽椎間板の損傷▽椎間関節のねんざ▽腰回りの筋肉の挫傷―が考えられる。イメージ通り体が動かず、足がもつれるのも硬い筋肉の影響らしい。

 「筋肉が硬い」とはどんな状態なのか。同病院リハビリテーション科の理学療法士でアスレチックトレーナーの渡部巧さん(23)に、体で最も大きな筋肉の一つである太もものチェック法を聞いた。

 太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)の場合、あおむけに寝て力を抜いたまま、片足を補助者に引き上げてもらう=写真(1)。90度の角度に上がらなければ筋肉が硬い証拠。太ももの表(大腿(だいたい)四頭筋)の場合は、うつぶせから両足を閉じたまま、片足ずつ足首を尻に付くように折り曲げる=写真(2)。どちらも試してみると、筋肉が突っ張る感じがして難しい。

関連記事