ウィーザー『ウィーザー(ティール・アルバム)』

 1992年、ヴォーカルのリヴァース・クオモを中心に結成されたロサンゼルス出身のオルタナティヴ・ロック・バンド。94年にアルバム『ウィーザー』でメジャー・デビュー、グラミーを受賞し一気にブレイクしました。来日も多く日本でも多くのファンをもつ彼らですが、ご紹介するこの新作はなんと60年代から90年代までのロック、そしてポップスの名曲を彼らならではのセンスでカバーしたもの。

 ことの始まりは2017年、ファンがネットでTOTOの「アフリカ」をリクエストしたことがきっかけ。新作を制作中にもかかわらずファンの要望に答えサプライズで急遽制作したのです。ブラック・サバスの「パラノイド」からアーハの「テイク・オン・ミー」、はたまたマイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」まで選曲を見るとジョークで作ったように思われそうですが、どっこいその内容が素晴らしい。それぞれの曲の“つぼ”を押さえた演奏が、ロックを知り尽くした彼らのキャリアを証明しています。(ワーナーミュージック・1980円+税)=北澤孝

関連記事