ニラ(左)と似ている有毒植物のスイセン

 福井県福井市は4月16日、自宅近くの道路脇に生えていたスイセンを誤って食べた市内の一家3人が吐き気などの症状を訴え、このうち医療機関を受診した10代と30代の女性2人が食中毒と診断されたと発表した。うち1人は一時入院したが既に回復、退院したという。

 市保健所によると、市内の60代男性が4月14日、自生していた植物の葉がニラ、鱗茎(りんけい)(球根)がタマネギに似ていることから食べられると思い採取し、夕食でカレーライスにして男性と娘の30代女性、孫の10代女性が食べた。間もなく3人とも症状が出たという。

 市保健所は、残った葉や根の形、採取場所、症状などからスイセンによる食中毒と断定した。スイセンには有毒成分のアルカロイドなどが含まれており、食後に短時間で症状が現れるという。

 市保健所によると、スイセンが原因の食中毒は県内では平成になってから初めて。今後山菜採りのシーズンを迎えるため、食用と確実に判断できない植物を採ったり、食べたり、人にあげたりしないよう呼び掛けている。

関連記事