ロイヤルホールディングスは15日、兵庫県尼崎市のファミリーレストラン「カウボーイ家族塚口店」で食事をした18人が嘔吐や下痢などの食中毒症状を訴えたと発表した。客や従業員計10人からノロウイルスが検出され、尼崎市保健所から15日付で1日間の営業停止処分を受けた。

 塚口店は食中毒を把握した9日夕方から営業を自粛している。症状を訴えた18人は、7日夕方から夜にかけて来店し、ステーキやハンバーグを食べ、サラダバーを利用したとみられる。入院した人はいないという。

 塚口店の従業員がその後、名古屋市の島田店でも働いていたとして、島田店の営業も10日から自粛している。

関連記事