第三者委の答申を不服とし、長女華子さんの遺影とともに記者会見する斎藤信太郎さん=15日午前、名古屋市役所

 名古屋市で昨年1月、同市立中1年の女子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、市教育委員会が設置する第三者委員会が市教委に答申した「いじめがあったとは認められない」とする報告書の内容を不服として、生徒の父斎藤信太郎さん(47)が15日、同市役所で記者会見し、河村たかし市長に再調査を求める意向を明らかにした。

 斎藤さんは記者会見で、生徒を長女華子さんと明らかにし「娘が死亡した原因について、理解できる内容が何一つなかった」と不満を口にした。さらに「調査手法が不透明で、大人目線の臆測による判断ばかりだ」と批判、第三者委とは別の調査委員会を設けるべきだと訴えた。

関連記事