ルートインBCリーグ・福井―信濃 3回福井無死一、三塁、大松尚逸が右越え本塁打を放ち、4-0とする=福井県坂井市三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4月14日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で信濃グランセローズと戦い4-1で勝ち、今季初勝利を飾った。1勝2敗で西地区3位。

 次戦は17日、午後1時から、福井市の福井県営球場で石川ミリオンスターズと戦う。

信濃
000 000 010…1
103 000 00×…4
福井

 【評】福井は先発三染真利が7回無失点の好投。大松尚逸がチーム第1号の3ランを放つなど、投打がかみあい今シーズン初勝利を手にした。

 ⇒【D刊】三染「球が走った」

 三染は7回を3安打無失点、四死球ゼロと安定した制球で打たせて取り、三塁を踏ませなかった。八回は原田宥希が1失点で踏ん張り、九回は高橋康二が無死一、二塁としたが無失点で切り抜けた。

 打線は一回、1死から工藤祐二朗が四球で出塁、盗塁とけん制悪送球で三塁まで進むと、須藤優太の一ゴロが野選を誘い先制した。三回には工藤、須藤の連打で無死一、三塁とすると、続く大松が右翼席に本塁打を放ち3点を追加。得点こそなかったが中盤以降も攻め立て計9安打を放った。

関連記事