【マニラ共同】フィリピン警察は12日、北部ルソン島バターン州アブカイの民家で8日、この家に住む日本人男性のヨコヤマ・サカエさん(76)=漢字表記不明=が血まみれで死亡しているのが見つかり、殺人事件として捜査を始めたと明らかにした。警察はフィリピン人の知人女性が何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。

 警察によると、ヨコヤマさんと会う約束があって訪れた民家の大家が寝室の床で倒れているヨコヤマさんを発見。頭に鈍器で殴られたような痕があった。玄関は施錠されていたが、勝手口は無施錠だった。旅券や銀行通帳が見つかっておらず、盗まれた可能性がある。

関連記事