クラウドファンディング「ミラカナ」のロゴマーク

 福井新聞社と福井銀行、レディーフォーによる、福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」は2018年4月10日の始動から1年が経過し、これまでに募集期間を終えたプロジェクト11件全てが成立した。達成率100%をキープし2年目に突入。福井県内外からの支援総額は800万円を突破し、さらに新規案件が続々と立ち上がっている。

 ⇒ミラカナ最新ニュースはこちら

 福井県小浜市で5月24日から開かれるイベント「内外海田烏 海のステージ」の実行委員会が3月下旬まで開催費を募ったプロジェクトは、県内外から123万5千円が寄せられ、一つの案件で過去最高の額となった。

 「素晴らしい景色の中で素晴らしいパフォーマンスを」と支援者から期待が寄せられ、実行委の映像監督杉本信昭さんは「温かい言葉とともに、いただいた支援を効果的に生かしていきたい」と決意を新たにしている。

 ミラカナでは福井の活性化に役立つ地域おこしや商品開発のアイデアを募集中。プロジェクト策定から福井銀行、レディーフォーがきめ細かくサポートし、公開後は福井新聞社がウェブや紙面を通して情報発信、達成を後押しする。

 福井新聞ONLINEのミラカナサイトでは実行や支援に関する問い合わせの専用フォームを設けている。電話での問い合わせは福井新聞パスポートセンター=フリーダイヤル(0120)084291(平日午前10時~午後6時)

 ⇒ミラカナのプロジェクト一覧

関連記事