猫の言い分にイラストを添えてパネル展示している木越和夫さん=福井県小浜市遠敷の小浜信用金庫東小浜支店

 猫ばば、猫に小判、猫かぶり…。猫を悪い印象で捉えたことわざや言い回しは少なくないが、猫目線で反論や言い分をイラスト付きで紹介する「猫の逆襲展」が4月12日まで、福井県小浜市遠敷の小浜信用金庫東小浜支店で開かれている。ユーモアあふれる文章と愛嬌のある猫の絵が来店者の笑いを誘っている。

 同市の木越和夫さん(74)が「猫を小ばかにしたことわざが多いが、猫は怒っているのでは」と考えて企画。文章に水彩で描いた猫を添えたパネル28点を展示している。

 「猫に小判」では、猫はお金の価値が分からないのではなく「お金の裏にある魂胆を見抜いているから手を出さない」、「借りてきた猫」では「静かに耳を立て、心を読んでますのよ」と代弁した。実は猫アレルギーという木越さん。「ぷっと笑ってもらえたら、うれしい」と話している。

 

関連記事