後藤敏紀新監督を迎え、上位進出を狙う坂井フェニックス

 サッカーの北信越リーグ1、2部は4月7日、開幕する。福井県勢は1部は、昨季4位の坂井フェニックスが新監督を迎え、JFL昇格に向けて上位進出を目指す。サウルコス福井を引き継いだ福井ユナイテッドFCは“3連覇”を目指し、悲願の日本フットボールリーグ(JFL)昇格を狙う。2部の大野FCは1部への復帰が目標。開幕戦は坂井フェニックスがFC北陸(石川)、福井ユナイテッドは'05加茂FC(新潟)とそれぞれホームで、大野は長岡ビルボード(新潟)とアウェーで迎える。

 2季連続で4位だった坂井フェニックスは3強に加わりたい。今季から指揮を執る後藤敏紀監督は「鋭く、泥臭く」をコンセプトに掲げ「最後まで諦めず試合を勝ちにいく姿を見せていきたい」と力を込める。

 昨季までは元JリーガーのFW棗佑喜ら個の力を中心に状況を打開する場面が目立ったが、今季はチーム全体の連動を大切にする。

 リーダーシップがあるDF平尾優頼、ボランチでパスの起点となるMF末廣俊一、運動量が多いFW田川弘毅ら各選手の特長を見極めて、相手を動かし空いたスペースを突いて攻めたい。

 昨季リーグ戦で2位アルティスタ浅間に1勝、3位JAPANサッカーカレッジとは引き分けるなど「潜在能力はある」と指揮官。「地域の応援を受けているチーム。精いっぱい戦っていきたい」とチーム力を高め、JFLへの道を進む。

関連記事