うっすら雪景色の中を悠々と泳ぐこいのぼり=4月2日、福井県越前町笈松の悠久ロマンの杜

 福井県内は4月2日、冬型の気圧配置や上空の寒気の影響を受け、明け方から早朝にかけて冷え込んだ。広い範囲で雪が降り、大野市九頭竜では積雪5センチを観測した。最低気温は勝山市の氷点下0・6度をはじめ、南越前町今庄0・0度、大野市0・1度など各地で2月中旬から3月中旬並みの寒さとなった。

 越前町笈松の総合体験施設「悠久ロマンの杜」では、雪でうっすら白くなったかやぶき屋根の前を、こいのぼり12匹が悠々と泳ぐ光景が見られた。指定管理者の入尾・笈松活性化委員会の菅原隆之代表理事は「冬と新緑の季節が共存しているようで、笈松の自然とも相まって美しい景色だった」と話した。

関連記事