静岡市の清水港に戻った海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」=1日正午

 南海トラフで繰り返す巨大地震の仕組みを調べるため、紀伊半島沖の海底を掘削調査していた海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」が1日、静岡市の清水港に戻った。海底下約5200mにある岩石を採取する当初の計画は断念したが、同約2800mで採取した岩石の成分や性質を分析し、地震の起こりやすさの推定を進める。

 ちきゅうは昨年10月、清水港を出発。マグニチュード8級以上の巨大地震を発生させる断層があるとみられる紀伊半島沖約80キロで、海底下約3260mまでの掘削に成功した。その後の作業は難航し、ルートを変更したもののドリルが動かせなくなり、計画を断念した。

関連記事