多重事故が起きた北陸自動車道下り線=3月31日、福井県敦賀市刀根(福井県警提供)

 福井県警高速隊によると、北陸道下りの木之本IC-敦賀JCT間の通行止めは3月31日午後9時40分に解除された。通行止めは多重事故が原因で規制は約5時間にわたった。

 31日午後4時半ごろ、福井県敦賀市刀根の北陸自動車道下り線で、車両約20台が絡む事故が起きた。県警によると、16人が病院に運ばれたが、いずれも軽傷とみられる。

 追い越し車線を走行中の乗用車がトンネルを出たところで右側の壁にぶつかって止まり、後ろの車が追突。事故を避けようと停車した別の車にも後続の車が突っ込んだという。現場は片側2車線のほぼ直線で、先頭の乗用車はシャーベット状に積もった雪でスリップしたとみられる。

関連記事