舞鶴若狭自動車道(舞鶴東-小浜西)の4車線化

 西日本高速道路は3月29日、対面通行形式の暫定2車線で供用している舞鶴若狭自動車道について、小浜西(福井県)-舞鶴東(京都府)間(24・5キロ)のうち約12キロを4車線化する事業許可を受けたと発表した。国土交通省が同日許可した。

 西日本高速道路によると、来年度から現地の地質調査や設計などに取り組む。一般的には2車線から4車線化する場合には5~8年ほどかかるという。

 事業費は小浜西-大飯高浜(11・5キロ)のうち約7・8キロに430億円、大飯高浜-舞鶴東(13キロ)のうち約4・1キロに200億円の計630億円を見込む。国の財政投融資を活用する。

関連記事