売り場に置かれたタイヤチェーン

 中日本高速道路は、3月31日夜から4月2日にかけて管内の広い範囲で、ややまとまった降雪が予想されるとして、雪への備えを呼び掛けている。

 3月31日夜から4月2日は岐阜県飛騨地方、4月1日夕方から4月2日は北陸地方の高速道路を利用する際は、冬用タイヤを装着し、ノーマルタイヤの場合はタイヤチェーンを携行するようにし、気象予報の確認なども呼び掛けている。

 また同社によると、同期間中、滋賀県北部や長野県南信地方でも降雪が予想されるとしている。

 新潟地方気象台発表の北陸地方の週間天気予報によると、3月30日から4月5日までは気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨または雪の日が多いとしている。

関連記事