北陸新幹線

 人件費や資材価格の高騰で上振れする北陸新幹線金沢-敦賀の工事費について、国土交通省が2263億円の増額分を月内に認可する見通しであることが3月26日分かった。変更後の総事業費は1兆4121億円に膨らむ。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構が、同区間と九州新幹線・長崎ルート武雄温泉(佐賀県)―長崎について、工事実施計画の変更を2月に申請していた。人件費の高騰に加えて、東日本大震災を踏まえた耐震性強化、工法の見直しなどが要因。

 武雄温泉―長崎は1188億円増額し、総事業費6197億円に変更される。

関連記事