【越山若水】先週か、今週末がピークだろう。福井県外の大学などに進む人たちが引っ越していく。物心両面で支えてきた家族も、ここまでくればようやくほっとしているのでは▼受験料、それに伴う交通費、入学金、新しい家財一式と、負担は大変だったはず。加えて近ごろは高騰する引っ越し代がのしかかる。業者を見つけることもきっと困難を極めた▼こうして県外に飛び出していく若者たちにとって、これから福井は住んでいる場所ではなく、遠い故郷になる。旅立ちに際して周囲の支えがあったことを、記憶にとどめてくれるとうれしい▼お願いついでに18歳の皆さんに一つ頼みがある。統一地方選が福井でも行われている。せっかくの機会。ぜひ選挙権を使ってほしい▼住民票はそのままだけれど引っ越しの日程上、期日前投票は難しい―そんな人に不在者投票という手もある。手続きしておけば県外にいながら福井県内の選挙への投票が可能だ▼1票では何も変わらないとか、投票基準が分からないなどと思うだろうか。そもそも政治に関心が持てないと言うだろうか▼そんな気持ちがあっても、不思議だとは思わない。筆者も選挙のたびに悩ましく感じている。それでも投票所に行くときは福井のことを多少なりとも真面目に考える時間になっている気がする。故郷を離れる人にこそ、この選挙を経験しておいてほしい。

関連記事