選抜高校野球大会1回戦、桐蔭学園戦に先発した啓新・安積航大=3月27日、甲子園

 第91回選抜高校野球大会第5日は3月27日、兵庫県の阪神甲子園球場で1回戦を行った。春夏通じて初の甲子園出場の北信越代表、啓新は関東代表の桐蔭学園(神奈川)と戦い5-3で競り勝ち、聖地での初陣を飾った。

 ⇒【組み合わせ表】

 啓新は、桐蔭学園エース左腕の立ち上がりを攻略。初回、四球の濱中陽秀を二塁に置き、三番穴水芳喜の右越え三塁打で先制。続く竹原翔も左前に適時二塁打し、この回2点を先制。二回は先頭古川剛の単打、野選、盗塁で無死二、三塁とし安積航大が左前にはじき返し1点を追加した。六回は、1死から山澤太陽、古川剛の連打で追加点を挙げた。1点リードの九回は先頭古川が二塁打し、2死三塁から、代わった相手投手から濱中が中前適時打し5点目を奪い突き放した。

 先発安積は二回に4連打を浴び2点を失ったが、なお2死満塁のピンチで三振を奪った。七回は1点差に迫られ併殺で切り抜けるなど、計10安打を浴びたが粘り強く投げた。八回からは浦松巧に継投。2イニングを完璧に抑える好リリーフで締めくくり、逃げ切った。

 2回戦は大会第8日の30日、第3試合(午後2時開始予定)で熊本西と智弁和歌山の勝者と対戦する。

 啓新は、昨秋の福井県大会は3位通過ながら、北信越大会で過去最高の準優勝に輝いた。1回戦からしぶとく勝ち抜き、決勝では星稜(石川)と延長十五回の引き分けを演じた。再試合の末に敗れたが、大会を通して投手を中心とした粘り強さを発揮。創部7年目で春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

関連記事