選抜高校野球大会第5日は3月27日、甲子園球場で1回戦3試合を実施し、第3試合では創部7年目で初の甲子園出場を果たした啓新(福井県)が桐蔭学園(神奈川県)と対戦。啓新は初回、主将穴水芳喜の適時三塁打などで2点を先制。幸先いいスタートを切った。

⇒啓新vs桐蔭学園の試合速報を見る

 啓新は初出場ながら、いきなり本領を発揮した。初回、先頭打者の浜中陽秀が四球で出塁すると、幸鉢悠樹の二ゴロが進塁打となり1死二塁のチャンスをつかむ。すると、3番の穴水が右翼手の脇を抜ける鋭い打球を放ち、1点を先制した。さらに1死二塁から4番の竹原翔がレフト前にタイムリーを放ち2点目を奪った。

 啓新の先発は昨秋の北信越大会決勝で星稜(石川県)を相手に好投を見せたエースナンバーの安積航大。一回裏は走者を出したものの、0点にしのいだ。二回以降も打撃の頑張りに応えるピッチングを見せたい。

 第1試合では明石商業(兵庫県)が国士舘(東京都)を7―1で下して2回戦に進出。先発の中森俊介が1失点完投の活躍を見せた。第2試合は初出場の大分が松山聖陵(愛媛県)を4―1で破った。大分は春夏を通じて甲子園大会初勝利。

関連記事