13例目となる豚コレラが発生した養豚団地内の養豚場へ防疫作業に向かう作業員=27日午前、愛知県瀬戸市

 愛知県は27日、同県瀬戸市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。農林水産省によると、一連の豚コレラの13例目で、愛知県内の飼育施設での感染は3例目となる。県は陸上自衛隊第10師団(名古屋市)に災害派遣を要請、飼育している全約4千頭の殺処分を始めた。

 県によると、26日に養豚場から豚が死んだと連絡があり、県の検査で陽性を確認。27日朝に国の遺伝子検査で感染が確定した。県は、養豚場から半径10キロ圏内の施設に搬出などの制限を出した。

 現場周辺は、発生した養豚場を含め4施設が集中する養豚団地。県は隣接施設でも感染がないか確認を進める。

関連記事