調整する広島・小園=マツダ

 広島のドラフト1位新人、小園海斗内野手(兵庫・報徳学園高)が開幕1軍入りすることが26日、分かった。走攻守、三拍子そろった遊撃手は「自分のできることを全力でやっていきたい。チームが勝つためにできること、チームを盛り上げていけるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 小園は15試合に出場したオープン戦では守備力に加え、打率2割3分1厘ながら2本塁打を放つなど非凡な打撃をアピール。高信二ヘッドコーチは「体力的にも技術的にもずっと付いてきた。個人としては、あの守備力は十分1軍でも通用すると思う」と高く評価。緒方孝市監督は「将来が楽しみ」と期待した。

関連記事