IOC理事会の開会あいさつをするバッハ会長=ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、スイスのローザンヌで理事会第1日の審議を開始した。2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長がIOC委員の辞任表明後初の理事会で、27日に記者会見するバッハ会長らの反応に注目が集まる。

 東京五輪関連では27日に大会組織委員会が準備状況を報告するほか、韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成や開会式での合同入場行進で承認を諮る見通し。合同チームは2月の3者会談で、バスケットボールの女子など4競技で結成することに合意した。

関連記事