記者会見で謝罪するジャムコの大喜多治年社長(中央)ら=26日午後、東京都中央区

 航空機用内装品メーカーのジャムコは26日、同社と子会社「宮崎ジャムコ」(宮崎市)で、製品の検査を無資格者が実施するなどの不正があったと発表した。不正は航空機用のシートや内装品に使う部品で2015年4月ごろから繰り返され、疑いのある事例を含め延べ約4600件に上る。今年1〜3月に航空法に基づく国土交通省の立ち入り検査を受けた。

 宮崎ジャムコで、必要な資格を持たない実習生が有資格者の検査印を使用。ジャムコの立川工場(東京都立川市)では必要な検査を行っていなかったことが確認された。問題の製品は再検査などの結果、機体や乗客の安全性に影響はないとしている。

関連記事