高校生らが雪崩に巻き込まれたスキー場で救助活動をする消防隊員ら=2017年3月27日

 栃木県那須町で2017年3月、登山講習中に県立大田原高山岳部の生徒ら8人が死亡した雪崩事故は、27日で発生から2年。県教育委員会などは現場近くの公共施設で追悼式を開くが、指導的立場だった教諭らの処分や再発防止策を巡って遺族側との溝は深く、遺族の多くは欠席する見通しだ。

 追悼式は午前で、午後には高校山岳部顧問や生徒を対象に、安全登山研修会を実施する。

 福田富一知事は26日の定例記者会見で「県教委の対応が行き届かなかったところがあり、おわび申し上げる。遺族の要望を最大限受け止められるようにしたい」と述べた。遺族らは同日、事故現場を望む展望台で追悼式を開いた。

関連記事