文部科学省

 文部科学省は26日、2020年度から小学校で使用される教科書の検定結果を発表した。新学習指導要領に対応した初の検定で、5、6年で教科化される英語は申請の全7点が合格。授業での討論や発表、課題探求を通じて子どもたちに深く考えさせる学びが各教科で取り上げられた。社会では高学年用の全6点で北方領土の記述に加え、竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)を「固有の領土」と明記。英語を除く全教科の平均ページ数の合計は現行教科書より10・0%増えた。

 新指導要領では3〜6年の授業時間が週1こま(45分)増えるが、多様な学びへの対応など、現場に一層の工夫が求められそうだ。

関連記事