ジャンプ男子で日本人初の個人総合王者に輝いたW杯遠征を終え、帰国した小林陵侑選手=26日午前、羽田空港

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で日本人初の個人総合王者に輝いた小林陵侑選手(22)=土屋ホーム=が26日、W杯遠征を終えて欧州から羽田空港に帰国し「楽しかった。いろんな人に知っていただけたので、それはすごく良かった」と記録ずくめのシーズンを振り返った。

 小林陵選手は昨年11月の個人第2戦でW杯初勝利を挙げると、年末年始に行われる伝統のジャンプ週間では史上3人目の4戦全勝を達成。男子で史上最多に並ぶ6連勝もマークして28戦で歴代2位の13勝を重ね、欧州勢以外で初めて個人総合を制した。

関連記事