10年ぶりにリニューアルされた浄土寺川ダムのダムカード

 福井県勝山市の浄土寺川ダムを紹介するダムカードが10年ぶりにリニューアルされた。表面の写真は、ドローンで昨年空撮した風景を採用。浄土寺川ダム発電所も写っており、4月1日から同ダム監視所で配布する。

 福井県奥越土木事務所笹生川・浄土寺川ダム統合管理事務所が、浄土寺川ダムが完成した2008年度に最初のダムカードを作った。パンフレット代わりや来場記念として人気があり、18年度の配布は約1400枚に上る。

 新しいダムカードは、晩秋の山並みに囲まれた重力式コンクリートダムを、ドローンで撮影した写真を掲載。堤体の下側には、16年から余剰水を利用して水力発電を行っている浄土寺川ダム発電所も捉えられ、裏面のデータ欄にその説明を加えた。

 千枚を製作した。問い合わせは同管理事務所=電話0779(65)6561。

関連記事