健闘を誓い握手する啓新の植松照智監督(右)と桐蔭学園の片桐健一監督=甲子園球場

 甲子園初出場の啓新(福井県)は第91回選抜高校野球大会第5日の3月27日、第3試合(午後2時開始予定)で関東覇者の桐蔭学園(神奈川)と対戦する。啓新の植松照智監督と桐蔭学園の片桐健一監督にチームの状態や相手チームの印象などを聞いた。

⇒啓新vs桐蔭学園の試合速報を見る

 -チームの状態は。

 植松 いい調子。不調だった投手陣も、(宿舎のある)大阪に入ってから良くなってきた。

 片桐 大会まで日はあるが、今はけがもなく順調にきている。

 -相手チームの印象は。

 植松 伝統ある学校。バッテリーからリズムをつくる。中軸が得点源のチーム。

 片桐 北信越大会で、優勝候補の星稜と引き分けた粘り強さがある。試合巧者だと思う。

⇒秋季北信越大会、啓新―星稜・決勝

⇒秋季北信越大会、啓新―星稜・決勝再試合

 -警戒する選手は。

 植松 主将の森君。そのほか、投手も数が多く試合をつくってきそう。

 片桐 安積、浦松投手が、守り勝つ啓新の中心選手だろう。まとめ役の穴水主将も警戒したい。

 -チームの鍵を握る選手は。

 植松 安積、穴水のバッテリー。絶好調の浦松や急成長した倉橋ら3投手に期待している。

 片桐 上位打線の主将森、山本、川久保が好調。投手は伊礼以外が調子を上げてくれれば。

 -理想の展開は。

 植松 投手陣がしっかりと打線を抑えること。

 片桐 ミスをカバーすることと、アウトを一つずつ取ることを意識し粘り勝つ。

 -意気込みを。

 植松 少ない好機をものにして、楽しんでやっていきたい。

 片桐 練習でやってきたことを大舞台で出せればいい。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第91回選抜高校野球大会の啓新の試合の全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報します。閲覧には会員登録が必要です。インターネットで「福井新聞D刊」と検索。

⇒福井新聞D刊申し込みはこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

関連記事