大阪府は25日、同府藤井寺市内の社会福祉施設で70〜90代の入居者16人がノロウイルスに集団感染した疑いがあり、うち90代女性と80代男性が死亡したと発表した。男性の死因は感染性腸炎だった。他の発症者は快方に向かっている。

 府や消防によると、施設は「ViVi藤井寺」で、16人は13日から25日にかけて嘔吐や下痢などの症状を訴えた。22日に119番があり2人が搬送先の病院で死亡。2人を含む5人からノロウイルスが検出された。感染経路は特定されていない。

 23日になり、府警羽曳野署から藤井寺保健所に「施設で嘔吐や下痢の症状の人や死亡者がいる」と連絡があった。

関連記事