dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの~Second Season~』(3月23日スタート)(左から)松尾太陽、杉野遥亮、甲斐翔真 (C)ORICON NewS inc.

 dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの』(2017年)の続編作品『花にけだもの~SecondSeason~』(全5話)が、3月23日より配信スタート(毎週土曜日更新)。杉山美和子氏の同名漫画(小学館/Sho-Comiフラワーコミックス)を実写化。視聴者を超胸キュンMAXにさせた青春ラブストーリーのその後が描かれる。好きな人の前だけでたまに見せるかわいらしい一面がたまらない“けだもの男子”を演じた、柿木園豹役の杉野遥亮、和泉千隼役の松尾太陽、日吉竜生役の甲斐翔真がシーズン2の見どころを語った。

【写真】続編『花にけだもの』主題歌入り予告編

――ファン待望の続編、皆さんはどう思いましたか?

【杉野遥亮】僕としては、シーズン2ができるというのは、それだけのニーズがあるということだと思うので、うれしかったです。

【松尾太陽】前作が終わった直後は「花けだロス」って話題になっていたもんね。

【甲斐翔真】でもさ、前作が終わって、すぐに「2やるよ」っていうより、1年以上経ってから「2やるよ」いうのがよくない? 忘れた頃に「えっ?」「あるの?」ってなった方が、うれしさも倍増するなって思った。

――久しぶりにそれぞれのキャラクターを演じてどうでしたか?

【松尾】僕は、前作の撮影の後、超特急の活動に集中した期間だったので、久しぶりに千隼に戻れる喜びが大きかったですね。勝手にホームに帰ってきたなぁと思っていたぐらい。前作も今回も撮影現場は和気あいあいとして、温かかったです。限られたシーンではあるけれど、観てくださった方に何かしら印象に残るものを千隼として届けられたいいな、と思って撮影していました。

【杉野】前作は、杉野遥亮を知ってもらう一つのきっかけになった作品。もっと認知してもらって、役の幅も広げていこうというモチベーションにもなりました。前作から1年ちかく経ってのシーズン2なので、少しは成長したところを見せたいという意気込みはありました。実際、みんなの成長を感じる現場で、自分にとっても刺激的でした。

【甲斐】竜生のキャラは出来上がっていて、またあのエネルギーがいる感じ(笑)でいけばいい、と思っていたんですけど、2の台本を読んだらけっこう変化を求められているな、と思いました。カンナ(入山杏奈)に好意を寄せる新キャラ(稲葉友が演じる芦田俊)が現れるんですが、そのライバルが社会人ってだけで、すごく大人で、かっこよく見えて。大人の男に負けたくない、今のままの自分じゃいけないって思う男子高校生をどう表現するか、監督とも話し合いながらつくっていきました。

【松尾】全体的に前作に比べると3人一緒のシーンが少なかったし、全5話でちょっと物足りないくらいだったよね。

【杉野】そうだね。シーズン2は、原作には描かれていない進路や恋愛のオリジナルエピソードだったし、話数が少ないのに新キャラも加わって、けっこう波乱含みというか。

【甲斐】パーティーのシーンが楽しかったよね、みんなで集まれたし。『花けだ』ファンの方にも楽しみにしていてほしいな(笑)。

■「けだもの男子」人気をどう思う?

【甲斐】こんな男子、現実にはいない、と思うところもあるかもしれないけど、その非現実的なところが逆にいいのかな?って思う。あと、恋愛感情のわかりやすさとか?

【杉野】「けだもの男子」の生みの親である杉山先生の作品の魅力なんじゃない? それを再現しようと、いたらない僕たちと向き合ってくれた監督をはじめとするスタッフさんたちの力で、魅力的になれているな、って今回特に感じました。

【松尾】前作の配信時に、SNSで盛り上がっている感じが客観的に面白かったです。そんなに? という驚きもあったんですが、『花けだ』ファンを裏切らないように、自分を磨いていかないといけないな、って思いました。

――シーズン2を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

【杉野】ドラマの『花にけだもの』も最後ということで、シーズン1と併せて見届けてもらいたいです。登場人物たちそれぞれの決断に、自分を重ねる方もいるだろうし、温かく見守ってくれる方もいるだろうし、いろんな感情を湧き起こすことができたらいいな、と思っています。何か感じることがあったらSNSで発信していただけたらうれしいです。僕たちもそれを目にすることができるし、励みにもなるので。よろしくお願いします。

【甲斐】竜生とカンナカップルとしては、シーズン1ではかなわなかった待望のシーンがあります。以上です(笑)。

【松尾】シーズン2のテーマが卒業ということで、「けだキュン」なシーンもあるんですが…

【甲斐】けだキュン! なつかしいな(笑)。

【松尾】大人になるってどういうことだろう、という大きなテーマが流れていて、一人ひとりにドラマがあって、いろいろ楽しんでいただけるんじゃないかな。千隼は徐々に出てきますので、お楽しみに。

関連記事