三賞を受賞した(左から)殊勲賞の逸ノ城、技能賞の貴景勝、敢闘賞の碧山=エディオンアリーナ大阪

 逸ノ城がはたき込みで大栄翔を破る=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所千秋楽の24日、三賞選考委員会が開かれ、2大関を破って14勝1敗の逸ノ城が2度目の殊勲賞を獲得した。三賞受賞は新入幕だった2014年秋場所以来。

 10勝目を挙げて大関昇進を確実とした関脇貴景勝は2場所連続2度目の技能賞。三賞は3場所連続となった。

 敢闘賞は12勝の好成績を収めた碧山が3度目の受賞。碧山に敗れた新入幕の友風は10勝目を逸し、敢闘賞はならなかった。勝利が条件だった元大関の琴奨菊は敗れて11勝にとどまり、11年秋場所以来の三賞を逃した。

関連記事