大阪維新の会が仕掛けた大阪府知事と大阪市長のダブル選で、国民民主党大阪府連は23日、大阪市内で常任幹事会を開き、いずれも自民党推薦の知事選候補と市長選候補を支持すると決めた。公明党府本部も推薦、共産党府委員会と立憲民主党府連が自主的に支援することを決定しており「維新包囲網」が固まった。

 両候補は、知事選に出馬した元副知事小西禎一氏(64)=無所属=と、市長選に立候補する柳本顕元市議(45)=同。それぞれ大阪維新の吉村洋文前市長(43)と松井一郎知事(55)に挑む。

関連記事